京大卒ママが教えるKAPLA(カプラ)の魅力!遊び方やおすすめは?子供が遊んだ感想と口コミ

スポンサーリンク
知育玩具

このブログ記事を書いている人ホンネ母さん
京都大学卒(文系)の3児の母。夫も京都大学と京都大学大学院を卒業(理系)。
我が家の3人の子供の子育てで実際に使って役に立った、知育玩具を紹介します。サイトを見ている皆さんが、素敵なおもちゃに出会えますように。

カプラで遊ぶ小学生男の子
カプラを集中して積み上げている次男。空間把握能力も身につく知育玩具。
ホンネくま
ホンネくま

積み木のブロックおもちゃ「KAPLA(カプラ)」って、有名な知育玩具だけど値段が高いよね~!

ホンネ母さん
ホンネ母さん

うちも持ってるよ。確かに、正規品は100ピースで6000円くらいの価格だから、けっこう高額なおもちゃ。

ホンネくま
ホンネくま

そこまでお金を出して買うメリットって何?
ただ「おしゃれな見た目」ってだけじゃ、ボクは買いませんよ!

ホンネ母さん
ホンネ母さん

じゃあ、子供たちが実際に遊んで分かった感想や遊び方を、このブログで紹介するね~。

カプラの最大のメリット「子供のごっこ遊びに付き合わなくていい」

カプラで遊ぶ親子
カプラを高く積み上げているパパと、それを真剣に見ている次男(当時2歳)。カプラは親も楽しめるおもちゃ。

カプラ(kapla)は子供の創造力を育てる優秀な知育玩具としても人気ですが、個人的な感想としてカプラの最も大きなメリットは「子供と遊ぶ時間が苦痛ではない」ということ。
どういうことかというと、子供が2歳~4歳くらいの時って、毎日ずっと一緒に遊ぶと、ネタも尽きるし親もつまらないんですよね。遊ぶ内容も戦いごっことかプリキュアの変身とか、お店屋さんごっことか、親はもう、飽きます。疲れます(笑)。
でもカプラは、幼児と一緒に遊ぶ親も一緒に楽しめる!我が家は子供にリクエストされて、家や車を作ったり、「どこまで高く積めるかな」って一緒に高く積み上げたり、子供と長時間、楽しく過ごせます。

ホンネくま
ホンネくま

え…まさかのそんな理由でカプラ推し?

ホンネ母さん
ホンネ母さん

母親だって、毎日子供の遊び相手をすると疲れるの~!
ゲームやスマホ以外で、子供がおとなしくしてくれるおもちゃって、ほんとに神!

我が家にあるカプラはこれ↓長男が3歳の時の誕生日に、祖父母がプレゼントしてくれた。

そもそもカプラとは?どういう知育玩具?

独特の形でカプラを積み上げる長男
カプラで独特の構造で家を作っている長男(当時小学4年生)。

「カプラってただの積み木でしょ?」と思っている人も多そうですが、公式サイトによると、「KAPLA®ブロックは『ワンサイズの板』を積み重ねるだけで、建物や乗り物、動物まで作れるフランス生まれの木製ブロック」。 「厚み1:幅3:高さ15」という三次元の黄金比率を持ち、加工精度が高いので15メートル以上積み上げることができるのも特徴。 空間認識能力や構造力が鍛えられるので、幼稚園、保育園でも教育教材として使われています。

カプラで亀をつくってもらった子供たち
カプラで、パパに亀を作ってもらって嬉しそうな子供たち。
カプラで線路をつくっているところ
子供が4歳のときにカプラで作った線路。最初は平面的につなげて遊ぶことも多い。
ホンネ母さん
ホンネ母さん

娘が通っている保育園にも置いてあるよ!
子供たちが数人でグループになって作品を作れるのもメリット

Mr.広告塔
Mr.広告塔

ここで一瞬、広告タイムです。(短歌っぽく)

レンタルの・優れたところは・安さじゃない
これ以上おもちゃが・増えないところ

(↓下の広告画像)



Mr.広告塔
Mr.広告塔

CМ終わり!記事の続きをどうぞ♪

カプラの対象年齢は?何歳から遊べる?

カプラで遊ぶ3歳の男の子
カプラで遊んでいる、当時2歳の次男。手に持ちやすく上に積み上げやすいので、1歳から遊べる。

KAPLA(カプラ)の対象年齢は、公式サイトによると生後10か月以上です。つまり0歳から安心して与えられるおもちゃ
ただ、0才児や1才児は、まだカプラを積み上げるのが難しいです。我が家の子供たちは2歳頃に、親が作り上げるカプラを興味津々に見つめるようになり、3歳・4歳になると、自分も重ねたり動物の形などを作るようになりました。
カプラを子供にプレゼントするなら、3歳以降がおすすめです。

カプラで遊んでいる3歳の女の子
カプラをつなげることに夢中になっている、当時3歳の娘。女の子も楽しい。
カプラ100ピースの箱を持っている3歳女の子
カプラ100ピースの箱を持っている、当時3歳の娘。サイズ感はこんな感じで、自分で出し入れしやすい。
ホンネくま
ホンネくま

ちなみにカプラは全国KAPLA大会があるほどの人気で、大人もハマるおもちゃだよ!

「カプラと普通の積み木」の違い・メリットを比較

カプラと普通の積み木って何が違うの?という人のために、それぞれの特徴とメリットを比べました。

普通の積み木KAPLA(カプラ)
見た目3才女の子が積み木でお城を作っている姿カプラで船を作っている大人の男
値段ふつう高い
遊ぶ年齢1歳~3歳くらい3歳くらい~大人まで
メリット見た目がカラフルなので、赤ちゃんや幼児が手に取りたくなる
円柱や三角柱などいろんな形があるので図形感覚も身につく
・出産祝いや1歳の誕生日プレゼントとしてスタンダードなので喜ばれる
作品のバリエーションが無限で、大人でも楽しい。 ピースが精巧なので細かい立体物が作れる。
落とした時・崩した時に音がきれいで、ストレスが少ない
・見た目がおしゃれ。作品をインテリアにもできるし、写真映えする。
買うならHape(ハぺ)積み木100ピースカプラ 100 KAPLA 正規輸入品

1歳・2歳なら、カラフルな普通の積み木の方が遊びそう↓

ホンネ母さん
ホンネ母さん

うちは、0歳~3歳くらいは普通の積み木で遊んで、4歳くらいからはカプラにハマったよ!
2つとも、立体図形の感覚を身に付けるのにおすすめ。

Mr.広告塔
Mr.広告塔

ここで一瞬、広告タイムです。(短歌っぽく)

あとちょっと・背が高ければ・俺の人生
ちがっていたかも・そうでもないかも

(↓下の広告画像)



Mr.広告塔
Mr.広告塔

CМ終わり!記事の続きをどうぞ♪

カプラ100ピースの遊び方や作品例

カプラでロボットを作る子供
カプラの作品例に載っていたロボットと、当時4歳の長男

カプラを買った時は、作品例などが載った「遊び方ブック」が付いてくるので、ロボットや家など、子供は最初はそれを真似しながら作ります。
5歳ごろになると、子供それぞれが創造力を駆使して、カプラで自分なりに遊び始めます。長男や次男は船や建造物的な作品が多いですが、5歳の娘はリカちゃん人形のおうちなどを作っていました。カプラで壁や床をつくると、ちゃんとした木の家みたいで、娘も満足そうです

カプラでリカちゃん人形の家をつくっている女の子
5歳の娘は、カプラでリカちゃん人形やぬいぐるみの家を作って、おうちごっこをしている。
カプラで文字やメッセージを作っているところ
カプラをくれたおじいちゃんの誕生日に、カプラでメッセージを作っているところ。こんな使い方もできる。
カプラで遊ぶ小学生男の子
集中してカプラをくみ上げている次男(当時小学2年生)
カプラで船を作っている大人の男
カプラで船を作っているパパ。大人もハマる。
カプラを50ピースで作る作品
カプラ50ピースで作れる作品例。フェリー。
カプラ100ピースの作品例の亀
カプラ100ピースを使った作品例の亀。

5歳・6歳や、小学生の誕生日プレゼントにもおすすめ!一番値段が安いのは100ピース↓

買ってから8年経っても、カプラの板は劣化も反りもない

カプラの1ピースを手に持っているところ
8年使っても欠けたりすることなく、KAPLAの文字もキレイに残っている。
箱に入っているカプラ
使い終わった後は収納箱にしまっているから、8年使っていてもまだきれいな色。

我が家がカプラをプレゼントでもらってからもう8年経ちますが、どのピースも欠けたりせず、反りもなくて色もきれいなまま。高く積み上げたときもきれいに重なります。
収納している箱がしっかりしているので、埃も入らず清潔。しまいっぱなしにせずに、子供たちがよく遊んでいるからか、カビも生えずに長持ちしています。
耐久性・品質は十分なので、安心してプレゼントできるおもちゃです。

カプラには白木の他に、色付き(カラー)もある

カプラのカラー版
白木ではなく色がついたカプラも売られている。

カプラは、白木一色以外にも、青や赤や黄色などの色がついたカプラも売られています。ただ、ちょっと割高なのと、アマゾンや楽天では数が少ないので入手しにくそう。
それにカプラの魅力は白木一色で統一感があり、色に制限されずに自由に作品を作れるところ。
個人的には、買うならカラー版カプラよりも、白木一色の方がおすすめです。

カラー8色、100ピース入ったカプラ。白一色のものに比べると割高だけど、女の子とかは喜びそう↓


Mr.広告塔
Mr.広告塔

ここで一瞬、広告タイムです。(短歌っぽく)

おい待てよ・0がひとつ・足りないんじゃない?
これならオレも・ヨガるしかない!

(↓下の広告画像)



Mr.広告塔
Mr.広告塔

CМ終わり!記事の続きをどうぞ♪

カプラの種類は?最初に買うならどれ?

全国カプラ大会の作品
画像は、全国カプラ大会の作品。ピース数が多いほど、迫力いっぱいの作品が作れて楽しい。

カプラで人気なのは、100ピース、200ピース、280ピースです。価格や見た目、コスパを比較してみました。ちなみに値段は、記事執筆時点のアマゾンの価格です。

カプラ100ピースカプラ200ピースカプラ280ピース
見た目
対象年齢生後10か月~生後10ヶ月~生後10か月~
価格5,970円9,329円17,000円
1ピース当たりの値段59円46円60円
遊び方ガイドブック(日本語仕様)付いている付いている付いている
ポイント一番値段が安いので最初に試しに買うのにおすすめ。でも、やっぱり少ない。コスパとしては一番よい。200ピースあればけっこう遊べる。でも収納箱がダサい…(汗)値段が高い!100ピースを買うのとコスパ的には変わらないが、木箱がついているのがかなりメリット。
ホンネくま
ホンネくま

最初に買うなら、やっぱりカプラ100がいいのかな?

ホンネ母さん
ホンネ母さん

難しい…。うちにはカプラ100があるんだけど、やっぱりちょっと足りないんだよね…。200ピースあればかなり遊べるよ!

ホンネくま
ホンネくま

じゃあ、収納箱のデザインを気にしなければ、コスパが一番いいカプラ200いいね!

ホンネ母さん
ホンネ母さん

予算があれば、ケースの箱がおしゃれな280ピースがおすすめ!

カプラ入門としてはこれ↓100ピースなのでそのうち買い足すことになりそうだけど…


コスパがいいのはこの200ピース↓総合的には一番おすすめです。

収納のおしゃれな木箱がほしいならこの280ピース↓プレゼントとしても人気。

ホンネくま
ホンネくま

カプラのほかにも、年齢別の「これは買うべき!」知育玩具は、この記事を見てね!

男の子のブロックおもちゃ、王道のレゴとラキューを比べた記事はこれ↓

タイトルとURLをコピーしました