究極のお店屋さんごっこ「ダンボールでおみせやさん」に子供大興奮!

スポンサーリンク
男女共通のおもちゃ(3~4歳)
ダンボールハウスでピースサインを出す女の子
本格的にお店屋さんになりきって遊べる、ダンボールのハウス。大喜びの娘(当時4歳)

男の子も女の子も大好きな「お店屋さんごっこ」。レジスターやアイスクリーム屋さんなど色んな種類がありますが、お店屋さん遊びの専用ハウスがあるって知っていましたか?
4歳の娘も大喜びの、お店やさんのダンボールハウス、なんと3000円台で買えます
対象年齢は2歳から。段ボールのサイズ的に、4歳くらいまでが限度です。
我が家で実際に使った時のメリットやデメリットを紹介します。

家で遊んでいるのはこれ↓

おみせやさんごっこ、遊ぶのは何歳くらい?

ダンボールハウスのカウンター
「はい、注文の品です!」カウンター越しに品物を手渡す4歳の娘。

3歳・4歳・5歳の子どもの「3大ごっこ遊び」といえば、「人形のお世話ごっこ」「お医者さんごっこ」そして「おみせやさんごっこ」。
おみせやさんごっこは、幼稚園や保育園でも取り入れられる、定番の遊びです。お金や品物のやりとりでコミュニケーションを学んだり、野菜やお菓子の名前を覚えたり。
お店やさんごっこのおもちゃには色んな種類がありますが、インパクトのあるおもちゃや、本格的なおみせやさんごっこを楽しみたい人は、ダンボールハウスのおみせやさんごっこをおすすめします。

「大きなおもちゃ」に子供は無条件にテンションが上がる

ダンボールハウスが配送された時の状態
外箱はカラフルで可愛い。外箱のサイズも、4歳娘の肩くらいまである。

じいじ・ばあばからプレゼントされた娘は大喜び。以下、商品の基本情報です。
【対象年齢】 2歳以上 
【組み立て後のサイズ】約幅800×奥行830×高さ835(mm)  ※ドアを正面として 
【重量】 約2,430g 
【セット内容】 本体・保護テープ・商品プレート・コインプレート・説明書 

コインや25種類の商品プレートや、段ボールの縁に貼る保護テープも付いてきたり、簡単なレジスターもあるなど、3000円台にしてはけっこう充実しています。

組み立ては説明書を見なくても15分以内で終わる

ダンボールハウスを組み立てる男
ダンボールハウスを組み立てるパパ。説明書を見ながら30分以内に終わる。

大人一人で組み立てられます。畳2帖分くらいの広いスペースがあるとラク。
パパが段ボールを組み立て始めると、娘はコインと商品プレートを型から外す作業(下の写真参照)を楽しんでいました。
大人がやって、15分もかからずに組み立て終わりました。

ダンボールハウスのパーツ
すべてのパーツがきれいに折りたたまれた状態で、箱に入っている。
ダンボールからお金を型抜きする女の子
一枚の厚紙から、自分でコインや品物を外していく作業も楽しい。
ダンボールハウスの説明書
なんとなく直感的にも組み立てられるが、分かりやすい説明書も付いている。

ハウスでおみせやさんごっこ、実際に遊んでみた体験談

ダンボールハウスで遊ぶ女の子
屋根を外してのぞいてみた図。ダンボールの家の中はけっこう広い。

日曜日に開封したのですが、結果的に、娘はほぼ一日中これで遊んでいました…。
いちご、ケーキ、にんじん、チョコパン、ピザなど、商品プレートの種類が色々あるのが楽しいようで「今はくだものやさん」「次はパン屋さん」など、種類ごとにお店屋さんを開いて楽しんでいました。
ただ、必ず大人が遊びの相手にかかりきりになる必要があります…

ダンボールハウスのカウンター
「はい、注文の品です!」カウンター越しに品物を手渡す。レジもついている。
ダンボールのお金と品物
コインプレートや商品のプレート25種類がついてきて、おみせやさんごっこが楽しめる。
ダンボールハウスのサイズ
全体のサイズ感。お店自体は、1畳の半分くらいにおさまる。
紙のコインや品物を両手に持つ女の子
コインや品物はかなり大きいので、紛失したり破れたりしにくい。
ダンボールハウスの入り口で四つん這いになる女の子
入り口はけっこう小さい。4歳の娘は四つん這いで入る。
ダンボールハウスにお絵かきをする女の子
屋根を裏返して白のパターンにすれば、自由にお絵かきができる。

お店屋さんごっこの段ボールハウス、この記事でもランクインしています↓

屋根を閉じるとハウスの中が暗いのがデメリット

屋根を半分開けたダンボールハウス
屋根は半分開けっ放しにしておいた方が、子供も明るい。

唯一の難点は、屋根をしめるととにかく中が暗いこと。お金や商品を探したりしている時間も長く、娘の目が悪くなりそうなので、我が家では屋根を半分折りたたんで使っています。
屋根は簡単に半分折りたためるので、最初に組み立てた時に屋根をテープなどで固定せず、普通に(説明書通りに)組み立てるだけにしておくのがおすすめです。

男の子にも女の子にもおすすめです↓


女の子が大好きなおもちゃはこれをチェック↓

タイトルとURLをコピーしました