【子供用椅子の選び方】おすすめ3種類を写真付きで比較!木製&プラスチックハイチェア

スポンサーリンク
0歳・1歳・2歳 実用品のプレゼント
子供用の木製椅子とプラスチック製椅子を比較
子供用の椅子は値段もバラバラ。どれを選べばいい?

赤ちゃんから幼児まで、子供用椅子の種類はたくさんあります。
子供がダイニングテーブルでご飯を食べやすいイスってどれ?メリットとデメリットは?
我が家で実際に使った経験から、3種類のベビー&キッズのハイチェアを比べてみました。口コミや使った感想が気になる人はチェック!

ダイニングで使えるハイチェア3種類を比較

子供用椅子として、よく見る代表的な3タイプのハイチェア・ベビーチェアを比べてみました。我が家では3種類全部を使ったことがあるので、実際に使った体験からまとめています。

テーブル付き木製ハイチェア木製キッズチェアテーブル付き
プラスチックハイチェア
使える年齢生後6ヶ月~大人まで 1歳半~6歳ごろ 不明。おそらく1歳前~3歳ごろ
見た目日本育児の木製ベビーチェアハイチェアアイリスプラザの木製ハイチェアイケアのプラスチックハイチェア子供用椅子トレイ付き
メーカー例日本育児アイリスプラザ IKEA(イケア)
サイズ幅49.5cm×奥行51.5cm 幅35cm×奥行41cm 幅58cm×奥行62cm
重さ(梱包時)8kg5kg3.7kg
値段の目安9000円~1万円4000円~5000円3000円~4000円
メリット安定感がある。赤ちゃんでも使える。置いたときに場所をとらない。座面がふかふかで座りやすい。安い。軽くて動かしやすい。
デメリット重くて動かしにくい。場所をとる。ベルトがないので、0歳児には使えない意外に場所をとる。椅子の高さが調整できないので、使える期間が短い
ホンネくま
ホンネくま

比べてみると、椅子の重さが全然違うね!

ホンネ母さん
ホンネ母さん

IKEAのプラスチック製イスは軽いけど、その分、一番スペースをとるよ!

ホンネくま
ホンネくま

どのハイチェアを買うか迷うなあ…それぞれの椅子についてもっと知りたい!

テーブル付き木製ベビーチェアのメリット・デメリット

木製の子供用ベビーチェアで離乳食を食べている赤ちゃん
生後8か月の頃の娘。ダイニングで木製のベビーチェアに座って、離乳食を食べている。

まず最初は、テーブル付きの木製ハイチェア。このタイプは、昔から定番の子ども用椅子です。
なんといっても、1歳未満の赤ちゃんに使えるのが便利で、我が家も子どもたちを付属テーブルの上で「あ~ん」と食べさせていました。
また、乳幼児はよくのけぞったり椅子から脱走しようとするので、そんな時にベルトやテーブルがついていると、逃げ出しにくくて安心です。

子供用いすの木製ハイチェアのサイズ感
床に置いた時のサイズ感はこんな感じ。けっこう場所をとる上に、動かす時は重い。付属テーブルはくるっと後ろにひっくり返せる。

ただ、木製のハイチェアにはもちろんデメリットもあります。
とにかく重い!動かすのがつらい!ぶつかると痛い(笑)!
家が狭いのに、子供椅子がけっこう場所をとるので、我が家は子供が4歳くらいで使うのをやめました。
でも、椅子の座面や足置きなど、高さが段階的に調整できるので、大人まで長く使えるのはこの椅子のメリットです。

木製のダイニング子供用いすでヨーグルトを食べている3歳男の子
木製の子供用ハイチェアでヨーグルトを食べている、当時3歳半の長男。3歳以上になっても長く使えるのはメリット。
木製子供用椅子のベビーチェアで離乳食をあーんと食べている赤ちゃん
付属テーブルは、離乳食をあげる時には便利。テーブルのふちが立ち上がっているので、食べ物も床にこぼれにくく、拭きやすい。

メリットとデメリットを一覧でまとめたのがこれです↓

メリットデメリット
離乳食中の生後6ヶ月から使える
・木製でどっしりしていて安定感がある(ガタつかない
・使わない時は折りたためてコンパクトになる
足置きがついているので、子どもの姿勢が安定しやすい
高さ調整ができて、大人も使うことができる
・高級感がある
ベルトもあるので子供が脱走しにくい
重いので、床掃除の時に動かしづらい
・長時間座っているとお尻が痛くなるので、クッションが必要
・けっこう場所をとる
値段が高い
・部屋のインテリアに合わない場合も多い

離乳食が始まったら買うパターンが多いです。木製で高級感があって落ち着いた雰囲気に↓


木製キッズハイチェアのメリット・デメリット

ダイニングテーブルで子供用椅子に座っている4歳女の子
ダイニングテーブルで、子供用椅子に座っている娘(もうすぐ5歳)。椅子はけっこうコンパクトで場所をとらず、思ったより軽い。

次は、テーブルが付いていないシンプルなタイプの子供ハイチェア
実は一番場所をとらずスッキリと置けるタイプで、マンションなどリビングが狭い家ではほんとに便利。高さ調整もでき、足置き場もあるので、子供が姿勢よくご飯を食べることができます。

キッズ用椅子の高さ調整をしているところ
付属の六角レンチで、椅子の高さを調整しているところ。座面と足置き場の高さを変えて、1歳半から6歳ごろまで、長く使えるのがメリット。

デメリットがあるとすれば、赤ちゃんを座らせるにはちょっと危ないというところ。ベルトやテーブルも付いていないので、落ちてしまう危険もあります。
このタイプの子供用椅子はベビーチェアではなく、1歳半か2歳くらいから使える、キッズ用チェアです。我が家は娘が3歳の時に買いました。
メリットとデメリットをまとめたのがこちら↓

メリットデメリット
場所をとらない!すっきりと置ける
座面にクッションが入っているので長時間座っていても疲れない
・デザインも種類が多いので、インテリアに合うものを見つけやすい
足置きがついているので、子どもの姿勢が安定しやすい
高さ調整ができて、大人も使うことができる
・ベルトやテーブルが付いていないので、赤ちゃんには使えない

白色の座面は清潔感があって可愛いです↓拭けば汚れもすぐにとれる!


プラスチック製ハイチェアのメリット・デメリット

イケアの椅子はパステル調のピンクなど、カラーも可愛いものがある。

最後は、IKEAなどでよく見かける、プラスチック製の子供椅子。我が家は、友達の家や祖父母の家で何度か使ったことがあります。
プラスチック製の椅子のメリットは、なんといっても軽いこと!乳幼児はしょっちゅう食べこぼししますが、さっと椅子を動かして床を拭けるのは本当に便利です。
見た目が安っぽくて、あまり長く使えないのが難点ですが、賃貸住まいの時や、たまに孫や親戚の子供がくる家などは、 高い木製椅子よりプラスチック椅子の方がおすすめです。

メリットデメリット
・値段が安い
軽くて動かしやすい
・ピンクやブルーなど、色が可愛いものもある
脚を外して持ち運べる
ベルトや脚を入れる場所があり、子供が抜け出しにくい
子供用椅子の中では、かなり場所をとるタイプ
・モノによってはガタガタする
子供の足を置く場所がない
・クッションがないのでお尻が痛い
・見た目が安っぽい

テーブル付きの椅子はこちら↓脚を取り外せるので、持ち運びもできる!

【結論】ダイニングの子供用椅子を買うならどれ?

3種類のハイチェアを比べてみましたが、私のおすすめはずばり「木製キッズチェア」です!

子供用のハイチェアのおすすめはシンプルな木製キッズチェア
椅子のデザインもバリエーションが多く、家のインテリアに合わせやすい。なんといっても場所をとらず、近くを歩いていても足がひっかからない!

子供3人分、いろいろな椅子を試してみましたが、私は個人的にダントツで「キッズ用木製チェア」がおすすめです。
場所をとらない、そこまで重くない、座面が柔らかい、というのが大きなポイントでした。
値段も、アイリスプラザのキッズチェアとかはアマゾンで4000円ちょっとで買えるので(記事執筆時点)、コスパもかなり高いです。

キッズチェアのクッション入りの座面
ウレタンが入った椅子の座面は柔らかくて、子供も喜んで座る。さっと拭けば汚れもとれるので、親も楽。

あと、見逃しがちなポイントですが、子供椅子の座るところが硬いのって意外に不便なんですよね…。別売りのクッションを置いても、食べこぼしですぐに汚れてしまうし、しょっちゅうズレるし…。
座面が最初からクッションタイプになっていれば、柔らかいし、拭いたらすぐに汚れがとれるし、見た目もすっきりするし、ほんとーに楽でした。

木製のフレーム部分の色は選べます。アマゾンや楽天から実際にチェックしてね!

ホンネくま
ホンネくま

でも、使えるのは1歳半からなんでしょ?それまではどの椅子を買うの?

ホンネ母さん
ホンネ母さん

一番いいのは、食事の時はママのひざに抱っこしたり、バウンサーに座らせたりして、1歳半くらいまで何とか椅子を買わずに粘ること(笑)。
でも、身内や親戚に赤ちゃんがいたら、生後半年から使えるテーブル付きの木製椅子を買っても、皆で使い回せるのでアリです!


1歳から3歳くらいの赤ちゃん・子供には、この記事もおすすめです↓

2歳くらいの女の子・男の子が大喜びするダンボールハウスの口コミも紹介しています↓

じいじ・ばあばに読んでほしい記事はこちら!

タイトルとURLをコピーしました